嫌なお仕事

 23, 2018 16:56
 クッキングに油を使わないで済めば、どんなに良いか。油を使うクッキングは外でやれないかなど何度も考えたけど、夏は蚊に刺されそうだし、冬は寒い上に雨が多い・・・・・・と、こんなことを考えるのは換気扇の掃除が大嫌いだから。(^^;
あの古い油でベトベトの、しかも肝心のファンの部分がその形状からとても掃除しにくい訳です。(*´Д`)=3ハァ・・・

 我が家の換気扇はレンジフードタイプなのですが、最近はフィルターの汚れが早くなっていまして、その原因は分かっています。内部のファンやその周辺に油が溜まって、それが、外付けしている不織布のフィルターにまで垂れて落ちて来ているからです。
これを直すには、内部のファンを取り出してクリーニングするしかありません。しかし以前にもやったのですがファンの取り外しが出来なくて、どうしても中途半端なクリーニングしか出来ないのです。

 今回も自分で取り外せるとこまでの範囲で精一杯やってみましたけど、やはりファンが取り外せなくて、適当なところでお茶を濁すしかありませんでした。まあ機能的には問題ないので交換するところまでは考えていませんけど、この下にあるクッキングヒーターの方は既に4口ある一番よく使うヒーターの1つが温度が上がらなくなってしまいました。とは言え、まだ3つは正常に使えますし、4つ一度に使うような使い方をすることはまず無いので問題無しとは思っています。それでも今となっては古いタイプのクッキングヒーターなので、新しい真っ平らなセラミックプレートのものに交換したいなと思っています。
 我が家も早や築9年だったかな、そろそろ、あちこちに手を掛けなければならない時期に来つつあります。(;-_-;) ・・・・・

180623 RANGE HOOD1
★レンジフードのフィルターを外し、ファンとモーターのユニットを外してクリーニングしたいのですが、モーターへのコードが直結しているため外せずこの様に宙ぶらりんの不安定な状態で油汚れをふき取るしかありません。その上、ファンがモーターシャフトから外せないので(ナットを外しても、その下にまた特殊形状の留め具がありそれが外せません)とても作業し難いのです。
180623 RANGE HOOD2
★レンジフードのフィルターカバーと内部の金属フィルターですが、やはり油汚れが酷いです。
180623 RANGE HOOD3
★クリーニング用のアンモニア液をスプレーし、スポンジで拭き、水で洗い流す作業を何度か繰り返し洗うぐらいしか方法を思いつかず、この程度が精一杯、それでもファン部分に比べればかなり汚れを落とすことが出来ました。カバーの白く丸いものは不織布のフィルターを張り付けるためのマジックテープです。
180623 RANGE HOOD4
★ちょっとピンボケ写真になってしまいましたが、ファンユニットを元に戻しました。と言ってもこの作業も無理な姿勢で片手で重いファンユニットを支えながら、もう片方の手でネジ締めをやるわけで、最初の1本を所定の位置に取り付けるまで苦労しました。あぁ、もう2度とやりたくない。(>_<;)
180623 RANGE HOOD6
★フィルターとフィルターカバーを取り付けて、不織布のフィルターも張り付けて終了です。これで、あと1~2年は持つのじゃないかと期待しています。
180623 RANGE HOOD5
★何時もクッキングヒター周りや、レンジフードの掃除には、この Cloudy Ammonia を使っています。高いクリーナーを買う必要はありません。このアンモニア液をスプレーすれば、簡単にしつこい油汚れは乳化して落ちていきます。スーパーで売っていて、とても安くてタップリ入っていてオススメです。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

COMMENT 0

WHAT'S NEW?