FC2ブログ

グリップテープの巻き直し

 19, 2017 15:13
 週一回のバドミントンと言いますか、その実態は“ハネツキ”レベルなのですが、気持ちだけはやっぱりバドミントンのつもりなので、用具などもそれなりに選んだりしています。昨日は新しく巻き直したグリップを使いました。
バドミントンラケットもテニスラケット同様、通常のグリップの上に手触りの良いオーバーグリップテープを巻いて使うのが普通なのですが、比較的最近ではないかと思うのですが、最初からグリップ部分に巻かれていたグリップテープを外し、そこにテーピング用のアンダラップテープを巻いてグリップの太さを調整し、その上からオーバーグリップテープを巻くということがよくやられるようになっています。

 私も最近、ラケットのグリップ部分の太さを少しだけ細くしてみたいと思っていましたので、このアンダーラップテープを試してみたくなり、実店舗での入手が出来なかったので、ebayで買いました。
このアンダーラップですが、アメリカの業者から送ってもらったのですが、送料Freeということでしたが、何と到着まで1カ月半もかかりました。その間にも近所のケミストにも商品が並ぶようになって、ガッカリだったという落ちがあったのですが、まあ、安くは買えたので良しとしましょう。

 それで昨日、巻き直したグリップテープを試した訳ですが、まずは間違いなく細くなったことは分かりましたが、アンダーラップをきつく巻き過ぎたのかクッション性はほとんど感じられませんでした。まあ、グリップを少々細くしたぐらいでプレーに影響はなんら無いわけでして、相変わらずドヘタなバドミントンに一切の変化はありませんでした。゚゚(>ヘ<)゚ ゚。

170919UWrap1.jpg
★アメリカから送られてきたアンダラップテープです。ビニール封筒に入って1カ月半もかけて届いたので、かなりヨレヨレになっていますが、中身はスポンジテープなので問題なしです。お値段は、この2本でAU$14.09でした。
170919UWrap2.jpg
★巻き方はとても簡単です。上から元々の厚いグリップテープ(シンセティック・レザー)を剥がします。続いて今回購入したアンダーラップテープを太さを確認しながら巻き付けます。最後にオーバーグリップテープ(私はいつもヨネックスのウエットスーパーグリップテープを使っています。)を巻き付けて完成です。グリップエンドはすっぽ抜け防止のため若干太くしました。

 高齢な上に、ひどい腰痛持ちでプレーのクオリティー向上は望めませんが、こだわりだけは維持(意地かもしれません)したいなと思っています。
 

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

COMMENT 0

WHAT'S NEW?