FC2ブログ

バドミントンと身長

 29, 2017 14:54
 この1週間ほどお天気が良くて、もう冬は完全に終わったななんて思っていたのですが、今日はまた雨が降ったり止んだりで、パースは春を前に足踏み状態といったところです。

 昨日ですが、バドミントンの世界選手権(グラスゴー、スコットランド)で女子シングルスの奥原希望選手が優勝し、金メダルに輝きました。ここ数日、YouTube上にBadmintonWorld.tv によって配信される主要選手の試合を見ていましたが、昨日は決勝に進出した奥原選手とインドのシンデュ選手との決勝だけはPCモニターではなく、TVモニターの方に飛ばして、ソファーに座ってじっくり最初から最後まで見ました。

 見ていていいなと思ったことは、表彰式の後、会場を引き上げる奥原選手への観客からの非常に好意的な反応でした。試合内容において奥原選手の体格面でのハンディをものともしなかったメンタルの強さと同時に、試合の前後に四方に礼をするマナーの良さに観客の方たちが、すっかりファンになったのじゃないかと思えました。
体格面の違いですが、相手のシンデュ選手は身長179cm、対して奥原選手はなんと156cmとその身長差、実に23cm。実は日本バドミントン女子のトップ2が同じ身長156cmでして、もう一人は奥原選手(12位)より現ランキングは上で2位の山口茜選手。

 私自身もバドミントン(いえ、ハネツキが正しいです (;-_-;) ・・・・・)を週一でやっていますが、相手の身長が高くてスマッシュ力のある相手とやるときは緊張します、ハイクリアーを上げると命取りですから、こちらが打つショットは出来るだけそれ以外ものでなくてはならず、最初から制約を感じる訳です。同じラケットスポーツの中でテニス、バドミントン、卓球の中で一番オーバーヘッドショットが多いのがバドミントンですから、横へのリーチの有利さが縦(高さ方向)にも大きく効いてくるわけでして、にもかかわらず日本のバドミントン選手はよくやっているなと思います。

170829 Okuhara V Sindhu 1
★世界ランク12位の奥原選手と右はこの決勝の対戦相手インドのプサラ・シンデュ選手です。どちらも22歳と伸び盛り。
170829 Okuhara V Sindhu 4
★いつもはPCモニターで、最初、中ほど、結果というようにつまみ食い的な見方をするのですが、この試合だけはTVモニターの方で最初から最後まで通して見ました。画質も申し分なく、TVはこの先すべてインターネットベースになるのでしょうね。
170829 Okuhara V Sindhu 3
★表書式でまだ表彰台に上る前の映像ですが、奥原選手と他の選手との身長差がはっきり分かると思います。この後、全員が表彰台に上がるのですが、奥原選手は一番高いところに上がるのですが、それでも右のシンデュ選手には追い付けません。
170829 Okuhara V Sindhu 2
★いや~、外国の競技場に君が代が流れ、日の丸が真ん中に上がるのって、やっぱり感動ものです~。奥原選手スバラシイ~~~、おめでとうございます。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング




COMMENT 0

WHAT'S NEW?