FC2ブログ

一番嫌な仕事

 16, 2017 16:57
 先日のブログでも書きましたけど、気温が上昇して来たように思います。何より、日の当たる側に置いたイチジクの木から新しい葉芽が出て来てしまいました。今日ようやく決心して、この冬3回目の鉢植えの更新作業を済ませました。毎年、冬には幾つもの鉢植えを更新するのですが、腰痛持ちにとって、この作業はとっても辛いです。今後、あと何年続けることが出来るやら。…(T_T)

 今日は朝のうちはまだ昨夜からの雨が断続的に降っていましたけど、朝の9時くらいからは晴れ間が出て来まして、一気にやってしまいました。
あとはドラゴンフルーツの2鉢のみを残すだけとなりました。ドラゴンフルーツ用の鉢は最初から限度いっぱいの大きさの鉢にしなければならないと考えていまして、まだ適当な鉢を見つけていないので、もう少し後回しです。

170816repot1.jpg
★これはアテモヤのアフリカンプライドを古い鉢から引き抜くところです。このように鉢植えを横倒しにし、鉢の周囲を重いものでトントンと叩いた後、樹の根元を持って引き抜きます。イチジク以外の木は根鉢を崩さないで、そのまま植え替えました。
170816repot2.jpg
★これはアテモヤ更新の鉢の大きさの違いです。ちょっと手に入る範囲の低価格鉢では、今の所この左の50cm鉢が最大で、もう一回り大きな鉢が欲しかったのですが、なかなか無いですね。
170816repot3.jpg
★これはアチャチャと新しく植え替える鉢です。アチャチャは1本しかないので、実が生るのかは、よく分かりません。φ(゚∀゚ )アヒャ
それと強い日差しに弱い木でして、夏の直射は葉が枯れてしまうので気を使います。冬の方が状態が良いです。

170816repot4.jpg
★地植えではなく鉢植えの良いところは、冬は日差しの良い場所に置き、夏は厳しい日差しを避けられる場所に移動させられることです。この日差しの良い側に置いたイチジクのみ、既に新芽が芽吹いています。手前中央の葉がある鉢は実生のカスタードアップルです。アテモヤの花粉樹用に育てていますが、きっと実も出来ると思います。
170816repot5.jpg
★ブラックサポテですが左のMAHERは昨年40cm鉢にしたら、今既に幾つもの幼果が出来ています。しかし、30cm鉢のままにした右のBERNECKERはまったく実を付けませんでした。まあ、1本は花さえ咲けばよいというつもりでそうしたのですが、木の育ち方も差がついてしまったので、今年はBERNECKERも40cm鉢に替えました。
170816repot6.jpg
★はい、これで右のBERNECKERも鉢が大きくなりましたので、来年は実を付けてくれるのじゃないかと期待したいです。

 以上、我が家の果樹ですが、アテモヤ、ブラックサポテ、アチャチャ、それとドラゴンフルーツもですが、折角気候の良いパースに住んでいるのですから、日本では庭植では育ちにくいものを選んで育てています。ただし、まだ実は出来たことが無いのですけどね。(^^ゞ

 さて、今日は夕食後にペインキラーを飲まないといけません。イテテテテ (;-_-;) ・・・・・

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

COMMENT 0

WHAT'S NEW?