タコの柔らか煮

 20, 2017 14:28
 数日前に僅 300gですが小さなタコを釣りました。実際はイカを釣ろうとしてエギを投げ込んだら、上がって来たのがタコだったってわけで、私の個人的な経験からいうとエギで釣れるタコは、まだ小さいタコであることが多いように思います。近年、タコは滅多に釣れなくなっていたので、やっていませんでしたが、そういえばそろそろ大型のタコが上がる時期のように思います。この冬に向けて久しぶりにトライしてみようかと思っています。

 さて今回のタコですが、柔らか煮にしてみました。
かつて釣れた際に、何度か挑戦したのですが、毎回、とっても硬いタコ料理となってしまい、タコを柔らかく煮るって簡単なことじゃないと思っていました。しかし、今回はとうとう成功いたしました。

 まず、これまでは釣ったら水でよく洗って、直ぐに調理していました。しかし、炭酸水なども試しましたが、全然効果が感じられませんでした。
 今回は直ぐに調理ではなく、釣って来たタコは、洗いもしないでビニール袋に入れて冷凍庫に1週間ぐらい放置しました。
解凍したあと、塩でもんで洗うのではなく、コーンスターチをまぶして洗いました。なんでも塩でもむと身が固くなるというページを見たものでしたから、今回はそうしてみました。
次にビニール袋に入れて、ワインの空き瓶でゴンゴンと気が済むまで叩き、その後、醤油、お酒、ミリン、砂糖で味付けした調味液に入れ、弱火でじっくり2時間近く煮ました。170520tako1.jpg
★ビニール袋に入れたタコをビンで叩きました。右上に見えているのは叩くのに使ったワインの空き瓶です。

 出来上がりは、とても柔らかいタコの煮物が出来上がりました。
今回と以前のチャレンジの違いは即冷凍したこと、それとビンで叩いたことの2点が大きなポイントじゃないかと思っています。
出来ればもう数回やって味付けの完成度を、もっと上げたい気がします。
今回、タコを煮てみて気が付いたのですが、煮ていくとタコから水分が出て来て、煮汁が薄くなってしまうことが分かりました、次回以降、濃い目で少なめの煮汁を基本にした方が良いと思いました。
170520tako2.jpg
★煮る前はこの写真のように調味液は落し蓋の下でしたが、しばらく煮ていると煮汁は落し蓋の上にあがってきます。タコの身も水分が抜けて小さくなることもあって、落し蓋の上にたっぷりの煮汁が上がってきますので調味液は濃い目で、少なめにすると良いと思いました。
170520tako3.jpg
★出来上がりです、この段階で若干お味が薄目に上がりましたので、翌朝もう一度煮詰め、味を濃くして、より満足な仕上がりとなりました。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング








COMMENT 0

WHAT'S NEW?