フランジパニはとってもタフ

 26, 2017 16:22
 13年に挿し木して大きくなったフランジパニですが、庭の小さな我が家では持ち余して廃棄、一部、枝を挿し木して新たに今年また花が咲きました。写真で見ると次のようになります。
170226frangipani5.jpg
★13年10月挿し穂を入手。挿し穂としては大き過ぎで1m近くあったかと思いますが切り口も気にしないでそのまま挿しました。
170226frangipani6.jpg
★こんな風に35cm径の鉢に古土を入れ、そこに挿しただけです。凄くいい加減でしたけど無事根が付きました。
170226frangipani4.jpg
★15年2月の写真ですが、ここまで大きくなると葉が大きな植物なので、風が強い日にはよく倒れてしまいました。このあたりが限界かなと後日廃棄しました。
170226frangipani1.jpg
★15年8月、親木廃棄の際、2本だけY字の枝2本をまた新たに挿し木しましたが、挿し木に成功した翌年には一鉢で十分と右の鉢も廃棄しました。そして16年10月に残りの一鉢の左の枝をカットして日本の友人に持ち帰ってあげました。後日聞いた話ではうまく根が着かなかったようです、日本じゃ難しいのでしょうか。
170226frangipani3.jpg
★そして今日の写真です、残り1本だけとなった枝に花芽が着き、花が咲きました。この地ではフランジパニは非常にタフで、挿し木による栽培は非常に容易です。土も挿し木用の土など使いませんでした。我が家の狭い庭ではこの大きさで十分と感じます。大きくなりすぎたらまた枝を切って挿し木して常にコンパクトな鉢に仕立て続けようと思います。
170226frangipani2.jpg
★フランジパニは白以外に赤いものもありますけど、個人的にはこの白い花が一番好きです。香りも赤いものより白い方が良い香りだと思います。

 フランジパニって苗木で買うと、こちらでもなかなか良いお値段がしますけど、これだけ挿し木が容易なら庭木に持っている友人などから挿し穂をもらって自分で挿し木から育てるのも楽しいかと思います。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング



■おまけ

憎しみの種を植える中国 加担する記者たちは責任を負う 米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン
2017.2.25 08:52

 南京大虐殺に慰安婦と中・韓の日本を貶める嘘つきプロパガンダは凄まじいですね。何がなんでも日本をこの世から消し去りたいようです。そんな中でも確たるファクトをベース日本を擁護してくれるというか単に事実を発信しているだけなのかもしれませんが数少ない貴重なジャーナリスト:マイケル・ヨンさんの記事です。
残念ながら多くの日本人は信じられないくらい無関心、もしくは自虐史感を植え付けられていて、日本国民自体が正しい認識を待たなければ、この既に仕掛けられている戦争(情報戦)に必ず大敗を喫します。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?