3年もかけて・・・・・(;-_-;)

 21, 2017 16:15
 3年前に穂木をもらって挿し木したイチジクが今年やっと実をつけました。その木のイチジクは確か美味しかったはずと記憶していたので、凄く期待して実が出来るのを持っていました。育った木は3本もあるのですが、実が出来た木はその中でも一番育ちの悪い木で、未だに高さが30cmほどしかありません。他の2本は実が出来るより成長優先という感じですが、幼果は数個出来ていますから秋にかけて収穫できると思います。

 このイチジクですが、完熟しても果皮は緑色で果肉は赤く、実の大きさは100gほどにもなり、我が家で育つイチジクの中では一番大きくなる品種です。ただ、例によって品種名が分かりません。

170221WW1.jpg
★これでほぼ完熟と思いましたが第一号果なのでこの段階では取りませんでした。実の下に小さく果汁が噴き出している部分があります。葉の縁が枯れていますが、我が家の鉢植えイチジク全般の悩みでして、毎年この様になってしまいます。
170221WW2.jpg
★その3日後、何と口が開いてしまいました。口が開くと何か美味しくなさそうなイメージがありまして、日本のイチジクを思い出してしまいます。悪い予感です。
170221WW3.jpg
★果肉の様子ですが、内部は真っ赤な色をしています。上のイチジクはこれまた挿し木から育てたMMK(仮名)と呼んでいる黄色いイチジクで、食べ比べるとこのWWは平凡な味で、甘みもそれほどのものではありませんでした。糖度自体は変わらないのですがMMKの方がハッキリと甘いと感じます。見た目の良い実だったし期待をしていたのですが、3年も待ってちょっとガッカリです。
170221WW4.jpg
★果汁が出にくいタイプで、糖度を計るのがちょっと難しく、測定する皿には果肉も一緒に乗ってしまいました。もしかしたらこれでは正確な値ではないのかもしれません。
170221WW5.jpg
★右がWWで、これは2個目の収穫時の実で、果皮にはもうヒビが入っているほどだったのですが、やはりお味は平凡でして、いわゆるイチジクの風味があり、甘味は控えめでした。個人的にはイチジク風味はしない方が良く、果汁がタップリで、甘いというのが理想と思っています。
170221WW6.jpg
★大きさはあるのですが、小さくても甘いイチジクの方が嬉しいので、今後はどうにかそういうイチジクを見つけて、挿し木ではなく苗木で手に入れたいです。挿し木からだと2年から3年もかかってしまい、時間的ロスが半端ないですからね。

 とまあ、そういう訳でして、個人的には食べたときにスッキリとした甘みがあり、イチジクの風味が邪魔しない、種の存在感のないものが好みです。そういう新品種がなかなか国内に流通しないオーストラリアなのですが、そのうちに知る人ぞ知るアメリカのLSUシリーズも入手出来るようになる気配です。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング





 

COMMENT 0

WHAT'S NEW?