イカ釣りとエギ

 07, 2017 17:37
 いや、今日も涼しくて快適です、夏はいつもこの程度の気温だったら、どんなに良いことでしょうか。我が家の温度計は25℃46%の辺りを表示しています。こんな時は釣りにでも行きたいところですが、ちょっと身体がガタガタ状態で、お家で大人しくブログでも書いてみようかとキーボードを叩くことにいたしました。

 釣りといっても最近は釣れないので、昔のようには行かなくなってしまいました。まあ、とにかくお魚が釣れないので気が向いた時にイカ釣りに行く程度です。何しろ道具をたくさん用意してやる釣りは好きじゃなく、イカ釣りならロッドとエギと空バケツだけでよいのですから。しかも、持って行くエギは1本か2本だけで、とにかく荷物を増やさないようにしています。嫌いな釣りは撒き餌まで用意する釣り。(>_<;)

 エギの数が少ないのは、一度下したエギをひたすら使い続け、カラーチェンジもしません。そんな面倒なことするくらいなら止めて帰ります。(^^;
 それで、今使っているエギなのですが、かれこれ2年ほど使っていまして、大変なご長寿エギです。まあそうはいっても秋の子イカシーズンの時だけは小さいサイズのエギも使いますし、やり馴れない所では根掛かりポイントを知るためにデフレエギも使いますが、圧倒的にメインで使っているのはDUELのマグキャストの3.5号です。さすがに、もう外観はボロボロで表面の布が大きく浮き上がって、いくらおバカなイカさんでも、これは変だぞ?と思うかも知れません。釣れない時など、さすがにこのエギじゃ手を出さないのかな、なんて思ってしまいます。
170107egi1.jpg
★一番下のエギが2年近く使い続けているご長寿エギで、中はまだ下ろしていない同じDUELのマグキャストです、使い続けているエギの表面がイカに噛み付かれて大きく痛んでいます。一番上はヤマシタの2.5号エギですが、かつてはヤマシタのエギを一番多く使っていましたが、DUELのエギほど大きく布が破れることはなかったです。DUELはちょっと布が弱いかも知れません。
170107egi2.jpg
★エギの右側はもっと破れて、もう脱皮中の何かみたいですよね。
170107egi3.jpg
★DUELのエギの良いところは根掛かりした時にカンナが伸びて、生還してくれる確率が高いことです、その都度伸びたカンナを指やペンチで直していましたが、新品と並べてみてこんなにカンナが変形してしまっていたことに気が付きました。

 なので先日、思い切ってこの表面の布を全て綺麗に剥がしてしまいました。そうしたらスッキリした外観が戻って来ましたが、表面の布にも意味があるだろうから、これじゃ釣れなくなるのじゃないかとも思いました。
ところが実際に使ってみると全然変わりなく釣れる様子です。様子ですというのはこの状態にしてからの釣りで釣り上げたのはたったの1杯だけですが、もっと大きいのも掛かり、不精して石積の高い位置から釣っていて、タモなど持っていませんから引っこ抜こうとしたのですが、当然ロッドが大きく曲がって、イカは水際の石の隙間に挟まってしまい、身切れしてカンナが外れてしまいました。しかし、布無しのエギでも問題なく釣れることは間違いありません。
170107egi4.jpg
★布を全部剥がして、カンナの形も元のように直しました。表面の布が無くなっても布を張った時の接着剤でしょうか、表面はざらざらしていて、案外これで布のあった時と同じような触感があり、まず、このまま使えるだろうと思いました。
170107egi5.jpg
★この布無しエギで釣れたアオリさんです。このご長寿エギはまだまだ活躍してくれそうです。

 かつてエギの胸ビレ代わりの羽が完全になくなったエギを結構長い間使ったことがありましたが、この時もそのエギで沢山のイカを釣りました。そんなことから、エギの胸ビレにあたるパーツと表面の布って本当は無くてもよいものなんじゃないのかと思います。その分、価格を下げてもらった方が有り難いようなって・・・・・・・ダメかしら、メーカーさん。


ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング



 

COMMENT 0

WHAT'S NEW?