WoodmanのJettyとボニート

 29, 2016 14:27
 ただいま午後の1時を過ぎたところですが、我が家の玄関と裏庭の出口を開けっ放していますが、室温が25℃と非常に快適です。夏から秋への変わり目ですね。今日は友人から柿や栗をいただきまして、食べ物は既に秋って感じです。

 先週の金曜日から昨日の月曜日までイースターの4連休でした。先月からフリーマントル近くの海ではボニート(ハガツオ)がよく釣れるということで、この連休中は釣り人の数が一気に増加しました。
連休の初日の朝 Woodman PointのJetty に行ったら、もう駐車場も一杯で、Jettyの上は釣り人で大賑わい。私はその中に入ってまで釣りをする気にはなれず、写真だけ撮ってUターンしました。

 さて今朝は連休も明けて、もう釣り人は減っただろうと、行ってみたら、それでも以前に比べたら比較にならないぐらいの釣り人の多さでした。しかも時間が遅くなるにつれ次々と釣り人が増えて行く気配で、やれやれです。

 周りを見回すとブルーマッカレル(サバ)がかなり釣れていまして、自分もサバ狙いで海面下を泳ぐベイトフィッシュに合わせたメタルジグを投げましたけど、全然釣れません。そうこうしているうちにまたザバザバと水音がして、やって来ましたボニートの群が。しかし、ボニートは前回釣った身が調理済みのまま、まだ冷蔵庫に残っていますから、どうしようかなと思いましたけど、周りが一斉にボニート釣りを始めるし、海中には時々ボニートが高速で泳ぐ姿も見えますと、ついルアーを取り出してしまいます。

 もうね、ハッキリ言って入れ食いってやつです、2投で2匹、3匹目はちょっとだけ時間が掛かりましたけど、これもしっかり確保。まだまだ幾らでも釣れそうでしたけど、3匹だって自家消費は難しいです。必要以上に獲っても仕方ないのでそこで止めました。
帰宅後、少々遠方に住む友人ですが、電話したら取りに来てくれるということで助かりました。
160329Easter1.jpg
★これは先週の金曜日、連休初日Good Fridayの朝8時過ぎの写真です、もうJettyの上は釣り人だらけでした。ここは足場が良いので釣れるとなると釣り人が集中してしまいます。
160329Easter2.jpg
★すぐ隣に釣り人がいますので隣同士で釣り糸が絡むでしょうね。特にボニートが出現すると多くの人がその方向に集まってしまうので、もうメチャメチャになるでしょう。私は写真だけ撮って、この時は帰りました。
160329baitfish.jpg
★この時期、海の中は小さなベイトフィッシュが一杯です。サバやボニートもこれが狙いです。しかし、昨年も一昨年も、ここにはボニートは来なかったのですけど、今年は珍しい事態となっています。
160329bonito1.jpg
★今朝の3匹です。顔や全体のフォルムは正にボニートですけど、背びれは黒と白、尻びれは黄色です、普通のボニート(ハガツオ)とは違います。またハガツオの幼魚の時の斑点模様とも違います。
160329bonito2.jpg
★1匹のお腹から丸呑みしたばかりのスケリーマッカレル(イワシの一種)が出てきました。やはり頭の方から飲み込むのですね。しかし尻尾はまだ喉の辺りでしたよ、こんな状態でもルアーに咬み付いて来るのですから貪欲です。
160329baitfish2.jpg
★もう1匹のお腹からは、これこそ海面下に無数にいるベイトフィッシュらしきものが出てきました。

 それにしても、先回も書きましたけど、この魚は本当にボニートなんでしょうかね、3年前に釣った時のボニートは背中側がストライプでした。今年のボニートは背中側はゴマダラ模様で腹側にストライプがあるのですよ。明らかに3年前のものがボニート(ハガツオ)そのものですが、今年釣っているのはボニートによく似ていますが身体の模様だけでなく背びれや尻びれの色もボニート(ハガツオ)とは違っていて、もしかしたら亜種かとネット上を色々検索しても、まだピッタリの画像を見つけることが出来ません。
このページに張り付けた写真を見て分かる方はコメントしていただければと思います。

■魚種が判明いたしました。
Leaping Bonito(リーピングボニート)でした、オリエンタル・ボニートとはやはり違っていました。


ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング





COMMENT 0

WHAT'S NEW?