安保関連法案の成立

 19, 2015 15:13
 いや~先日、定期預金の更新時期が来まして、新しい預金金利を見たら、あぁ~~、また金利が下がっていました。豪ドル自体も安くなっていますし、この10年ほどでしょうか、好調だったオーストラリア経済はキビシイ局面に来ているってことなんでしょうね。
おかげでアボットさんからターンブルさんに首相が交代しちゃいましたけど、首相が交代したからといって世界経済が良くなければ、1国だけ問題無しなんて、ほぼ有りえない時代なので、金利が今後上がる確率は低いでしょうね。まあ、それでも日本の金利に比べればずっとマシですけどね。
 それにこの原因は中国経済の怪しい雲行きです。えぇ、中国が経済崩壊しようと、アジアに世界に平和が訪れるなら金利なんて問題じゃない訳です。(中国は共産党を解散させ、やり直してください。)

 さて、日本では安保関連法案が可決成立いたしましたね。これで日米安保に関して片務的だからという逃げはアメリカは出来にくくなったのじゃないでしょうか。オバマさんを見ていると、それでも逃げそうな気はしますけけど、実際は次の大統領の方が肝心なんでしょうね。個人的にはマルコ・ルビオさんなんてどうかなと思っているのですけどね。トランプさんだと、ドエライことになってしまいそうです。 ( ̄m ̄)ぷぷぷぷ

 安保法案の成立に関して、久しぶりに日本の国会でみっともないシーンを世界に見せてしまって、あれは日本人として恥ずかしいですね。野党の皆さんはあんなことは止めましょうよ。それと、もともと選挙という民主的な手法で多くの支持を得た政党が、そうでない政党の言う通りにしなければならないというのは民主主義に反する訳で、感情的暴力的な行為でどうこうなる問題じゃないでしょ。ひっくり返すには選挙に勝つしかないことぐらいは言うまでもないことです。

 あとね、法案に関して「説明不足だ」という意見を何度か耳にしましたが、個人的にあれってひどく違和感を感じるんですよ。こういう場合って、幾ら説明してもある種の壁がある人にとっては全く耳に入りませんよ。それに法案ごとに説明ってそんなにするものでしょうか。今回だけ特別に説明が必要だというなら、なぜ自分から情報を求めないのでしょうか。一切の努力もしないで、ただ、ふんぞり返って説明が自分の耳に入って来ないと言われても、そんなもの知るか!です。

 もう一つだけ、国会前や各地でも反安保派のデモが盛んに報じられまして、へ~~日本じゃ安保法案反対派があれほど多いのだと見えましたが、日本の有権者数を考えたら、あの程度のデモの人数の人達の言い分に従うべきだと判断出来るわけがありません。それにしても反対派は目立つことがお好きのようですね。あぁそうか、騙せる人は騙そうということですね。

 安保法案は勿論中国の傲慢で出鱈目な言いがかりを基本にした拡張主義に対するもので、日本人の多くはそこに懸念を持っています。
「中国の積極的な拡張政策の実力行使に強い懸念を抱く周辺アジア諸国の実情」

それとこの記事タイトルからは分かり難いですけど、本質を語った良い記事だと思います、是非ご一読を。
「安保攻防」的外れな議論を続けた野党は、今こそ自省せよ!~戦争法案・徴兵制・対米従属どれもミスリードだった」

 法案の成立は、今後のトレンドを見通して正しい方向への小さな1歩だと思います。大騒ぎするような大きな変化はないでしょうけど良かったと思っています。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング








COMMENT 0

WHAT'S NEW?