自作エギの回収機

 28, 2015 11:41
 今日はまた少し冬に逆戻り気味の雨のお天気で、これまで順調に釣れていたイカがそろそろ終了の気配のようにも感じられて少し心配です。今年の前半はイカが全然釣れなくてフリーマントルは魚に続いてイカもとうとういなくなったかと思ったのですが、5月からポツリポツリと釣れだし、以後順調に数も少し釣れるようになっていました。これは昨年や一昨年より良くなっていまして、イカ釣りだけはまだ当分フリーマントルでは楽しめるのかなと思います。

 そんな訳で今年は久しぶりにエギを消耗することが多く、特に釣れ始めた前半にはかなりな消耗度でした。今は同じ釣り場に通い始め、同じポイントばかり責めていますので、海底の状況をすでに把握して根掛かりし易い場所は避けるようになりましたから、ほとんどエギのロストはしなくなりました。

 しかし先日、顔なじみの人がエギの回収機を持っているのを見て、最近はこちらでも根掛かりしたエギの回収機が販売されていることを知りました。釣具屋さんに行ってマジマジと見てきましたが、どうも動作上良さそうなものに思えなくて自作することにしました。

 エギの回収機は以前にも自作したのですが、ある時、回収機自体のラインが切れしてしまいロストして、それ以来もう使うこともなくなっていたのですが。今回はその同一コンセプトである、単に引っ掛かったエギの上から重いものをぶつけるだけという単純な方式なのですが、以前のは錘自体をぶつけていたのですが、今回は市販の重りを改造することで錘から出た針金の先端が確実にエギの頭にぶつかるという方式としました。
150828EgiRescue1.jpg
★うっかりオリジナルの錘の写真を撮り忘れて、これはもうエギ回収機に作り替えた後の写真です。針金先端の輪になった部分にラインを掛けてエギの頭にぶつけます。エギは回収機の重さで後退しますから、引っ掛かっていたフックが外れて回収という手順になります。
150828EgiRescue2.jpg
★今回、作成時回収用の紐を取り付ける金具が折れてしまい、太い専用の紐を用意していたのですが、それを使用することが出来なくなり、また前回と同じおよそ60lbぐらいのナイロンラインを使わざるを得ませんでした。これがちょっと残念なところです。

 早速試したいところなのですか、完成後、数回のイカ釣りに持って行きましたが、全然根掛かりすることがないので、未だその実力は分かりません。かといってわざと根掛かりさせるのも気が進まず、今は単にイカ釣りの際に荷物が増えただけになっています。
でもね、これきっと実力を発揮してくれることと思います。・・・・・・・・・・・多分。(^^ゞ
150828EgiRescue3.jpg
★直近の釣果ですが、明らかにイカが大きくなって来ていますが、もともとフリーマントルでは大きなサイズは難しく。大きさを求めるなら200kmばかりの遠出が必要となります。


ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング



COMMENT 0

WHAT'S NEW?