FC2ブログ

ドラゴンフルーツ取り換え

 27, 2017 16:12
 今年も残りわずか、パースは夏ですけど、ここ数日とても過ごし易い気温が続いていて、この夏がこのままの気温だったらどんなに良いことかと思います。2017年も押し迫って、とうとう私の身体に新たな健康問題が発生し、少し落ち込みましたが、出来る範囲で努力して、生活の質の下落を少しでも食い止めて行こうと思っています。


 友人からもらったドラゴンフルーツを2年近く育てましたが、このドラゴンフルーツは最初から異常に細くて、新たな茎が出来て伸びることは伸びるのですが、まったく花芽が着かず、もし着いたとしてもドラゴンフルーツの実の大きさを考えると、この細い茎のドラゴンフルーツから収穫が期待できないと、昨日処分いたしました。

 とは言っても、別に諦めたわけではなく、1年前から別のドラゴンフルーツを挿し木して育てていたものが有りまして、そちらがかなり育って来たので、それを大きめの鉢に移植し、支柱も付けて、今後はこれの2本で収穫を期待しようという計画です。
2本はそれぞれ、実の色が白と赤でして、この2本を隣り合わせて育てると花粉が交換されますので好都合です。

 これまでの経験で、パースの夏の強烈な日差しの下ではドラゴンフルーツの茎がダメージを受けることが分かりましたので、置き場所はこれまで同様、玄関わきのほとんど日の当たらない場所で、ここは庇の下になりますから冬の長雨もかなり避けることが出来ます。ドラゴンフルーツはサボテンの仲間ですが、日差しに関しては木漏れ日の下ぐらいが一番良い植物で、水もサボテンだからと数日もやらないでいると、直ぐにしおれてしまうという、ちょっとサボテン離れしたところがあるように思います。
171227DF1a.jpg
★左はもらった方からの情報では赤い実のドラゴンフルーツで、この茎の太さを見て、初めて我が家のドラゴンフルーツが異常に細いことに気が付きました。挿し木の時期は16年12月です。右は16年5月に近所を散歩していると大量にヴァージに廃棄してあった茎を一つ拾って来て挿し木したものです、この写真は16年12月に撮影したもので2節目が伸びています。実の色は白だと思います。
171227DF2.jpg
★16年4月に既にかなり長く伸びたドラゴンフルーツを友人から貰って、それをこのように育てていたのですが、伸びることは伸びるのですが、茎が一向にドラゴンフルーツ本来の太さにならなくて、諦めました。
171227DF3.jpg
★細いので簡単にカット出来て、片付けるのは簡単です。
171227DF4.jpg
★赤い実の方のドラゴンフルーツで本当はもっと脇から新しい茎が生えていたのですが、カットして支柱の枠内に収まるようにしました。
171227DF5.jpg
★さあ、これなら大丈夫と思うのですが、実際に実が出来ると良いのですが。パースは日本と違って冬の寒さで、このような植物が枯れるようなことがありませんので、ここに居る間でしか出来ないと思って栽培にトライしています。他にもカスタードアップル、ブラックサポテ、アチャチャを育てていますが、未だ成長途中だし、鉢植えという制約のもとでやっていますので、かなり難しいのかなと思っています。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング


ネズミ駆除

 19, 2017 17:33
 1週間ほど前でしょうか、昼間、何気なく裏庭を見たら、隣の空き地から塀の下をくぐって素早く動く小動物が入って来たました。
ええ、グレーのやつです。
忍者のように並んでいる鉢植えの後ろ側を移動していまして、鉢と鉢の間に立ち止まったので、はっきりと確認できましたがネズミです。その後、我が家の塀の下から今度は裏の家の方に姿を消しました。
 ずっと以前にホントに小さなネズミを見たことがありましたけど、今回のは日本のクマネズミより少々大きく、ドブネズミより小さな種類でした。

 3日後、朝、水やりの時に気が付いたのですが、赤く熟して木のてっぺんに着いていた、2つのフラットピーチが付け根から完全に消えていました。まあピーチと言っても、大きめの梅の実ぐらいしかありませんでしたから、あの大きさのネズミなら噛み切って持って行ったとしても不思議じゃありません。
さらに今朝、少し黄色くなり始めていたイチジクの実が一つ根元から持って行かれていることに気が付きました。

 という訳で、急遽裏庭に毒餌を置くことにしました。
ネズミを見かけた後、殺鼠剤は買ってあったのですが屋内用でして、そのままでは屋外に使用できないので、トウフの空き容器を利用して、水やりの時の水や雨が当たらないようにして、鉢植えの周囲に置きました。
171219 rats mice1
★毒餌ケースは豆腐の容器を2つ重ねてセロテープで止めただけのものです。ネズミが覗き込めるように一方に穴を開けてあります。5個しか映っていませんけど、1つ追加して実際には6個を仕掛けることにしました。
171219 rats mice2
★容器は非常に軽いので、中に釣りで使うシンカーを投げ込んで置き、そこの中に毒餌を一緒に入れてしまいました。うちはペットを飼っていないし、我が家の裏庭に遊びに来る猫も今はもう全く来なくなりましたから、こんな物でも大丈夫でしょう。
171219 rats mice3
171219 rats mice4
171219 rats mice5
★こんな感じで、6箱セットしました。これでネズミが来なくなってくれれば嬉しいのですが。

 毒餌は食べても直ぐには効かないのですが、巣に戻った後、ご臨終を迎えるという運びになっているのだと思います。
ただ、こんなことをしても、隣家伝いに他のネズミがまた直ぐに来るでしょうし、ネズミは頭が良いので、学習して毒餌を食べなくなるかもしれません。
これが屋内なら、超音波でネズミを寄せ付けないようにすることが出来るでしょうが、屋外なのでそれは効果が無いし、ネズミの被害を防ぐのは簡単じゃないですよね。でも何もしないと、今回のは大きなネズミなので、鉢植えイチジクは木が小さく、実の数もせいぜい1本で10個程度なので、熟し始める傍から全部食べられてしまう可能性があります。困ったものです。
ちなみに果実用の袋は持っていますけど、柔らかい袋はネズミには全く効果がありません。


★話は変わって、少し前になりますがこんなニュースを見ました。
【オーストラリア】パース空港、日本直行便の就航目指す
12/11(月) 11:30配信

いいですね、パースからの日本直行便。でも、いつからかは何も書いていませんね。まあ、期待して待っていましょう。

 

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

アテモヤの人工授粉

 12, 2017 16:49
 我が家のアテモヤに花芽が出来ました。苗木を買って1年、接ぎ木苗で品種はアフリカンプライド。最初からひょろりと高さばかりはあるのですが、まだまだ幼木で、出来た花芽も5~6個ほどが確認できる程度で、受粉させたところで実が育つ確率は高くないと思いますが、放置すると受粉率がそれほど高くないらしいので、調べて人工授粉させてみました。

 受粉のさせ方は3枚の花弁の内、2枚を取り去り、内部にある円錐形の根元にある雄しべの花粉を、小さなへら状のもので搔き落とし、それを円錐部分の先端側に付けてあげればお終い。さあこれで実が着くか楽しみです。アテモヤの実は冬に出来るので半年後ですね。
171212atemoya1.jpg
★このひょろりとした木がアテモヤでして、接ぎ木の位置が高かったのでこのまま育てるしかありませんが既に2mを超えている様子です。一度だけ摘心しましたが、もはや低く育てられません。まあ、一度でも収穫できれば御の字と思っています。
171212atemoya2.jpg
★これがアテモヤの花で、すでに開いています、放置するとこの花弁は落ちてしまいますが受粉できたかどうか確かじゃないために人工授粉を試みることにしました。
171212atemoya3.jpg
★花弁を取り外してみたら、何と小さな虫が入り込んでいました。やはりちゃんと虫が来てくれているのですね。本来、こういう虫が受粉させてくれるはずなのです。
171212atemoya4.jpg
★3枚の花弁のうち2枚を外して、雄しべの花粉を雌しべに付けてみたところです。ちょっと分かり難いかな。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

最近、なかなか寝付けない

 01, 2017 20:43
 以前から時々眠れないことがありましたが、特にこの半年ぐらい前から顕著になって来まして、やはり歳のせいでしょうね。
一番感じるのは、寝入ることがなかなか出来ない、寝ても途中で何度か目が覚めてしまうというもので、寝不足の翌日は当たり前ですが絶不調。
こういう時は何といっても睡眠導入剤があると良いのですが、そういった薬は処方箋が無ければ入手不可能。そこで次善の策として、サプリに頼ってみることにしました。

 睡眠導入効果が期待できるものとしてメラトニンとヴァレリアンルート、それと睡眠の質を向上させるといわれているグリシンを試してみることにしました。メラトニンだけは随分以前から知っていたし、実際に使ったことも何度かはありましたが、効果のほどは大したことは無かったという記憶です。ただ、その頃はさほど深刻ではなかった事もあり、印象に残らなかったのかもしれず、今回もう一度しっかり確認してみることにしました。

 メラトニンとバレリアンは近くのケミストで売っていましたが、グリシンだけはなかなか見つけることが出来ませんでした。ようやく見つけたのがケミストじゃなくて、あるショッピングモールの中にある健康食品のお店でした。
メラトニンは90粒でAU$14、ヴァレリアンは100カプセルでAU$19、グリシンはパウダー150gで AU$21.5でした。
171201supplement2.jpg
★フリーマントルのケミストウエアハウスで買いました、メラトニンもヴァレリアンも、どこのケミストにも置いてあるのじゃないでしょうか。
171201supplement3.jpg
★本当はNow Foods社のものを探したのですが、ショッピングモール、ガーデンシティーの中にある健康食品店に唯一この睡眠サプリというよりも、何やらアミノ酸効果を期待した風なラベルのグリシンがありましたが、量が150gというのは少な過ぎです。

 最初は3日ずつメラトニンとヴァレリアンを試した結果、ヴァレリアンはほとんど効果を感じられなかったのですが、メラトニンは弱いけど効果を感じました。グリシンは評判通りで、これを飲むとしっかりと寝た感じがあり、夜中に目が覚める回数が減りました。そこで今後は就寝前にメラトニンとグリシンを毎晩服用することにしましたが、そうなるとこれらのサプリの値段が気になります、何しろ長く使って行くことになると思いますから。

 オーストラリアは製造業が発達していなくて、多くの商品は輸入品であることが多く、これらのサプリメント類も、恐らくそうだと思います。そこでNetで調べたらアメリカのiHerbが豪ドルでも販売していることが分かり、その値段はここのケミストなどで買う値段よりかなり安いことが分かりました。

 ただ、これまでの経験や友人の例からもアメリカからのエコノミー郵便はかなり時間がかかり、時として予定日からも大幅に遅れることがありますので、最初の注文はメラトニン180 Lozenges AU$9.93と180 Capsules AU$9.93、グリシン1 lb (454 g) AU$19.85 だけにしました。送料はAU$8.91でした。メラトニンはLozengesとCapsulesが、それぞれこちらのケミストで購入した倍量の錠数が入っていての値段ですし、グリシンに至っては3倍量入ってこちらのケミストの値段より安いのです。
ただし、グリシンに限っては日本では、もっと安く買えます。それはグリシンはアミノ酸の一種であり、一般的によく食品添加物として使われているものなのです。オーストラリアのような国には恐らく無いと思うのですが、日本にはそれを製造している会社がありますから、日本のアマゾンで検索すれば1Kg 1300円から1500円ぐらいで売られていて、これはもう格安ですから、グリシンに関しては次回以降は日本から購入するつもりです。

 先日、最初のメラトニン90錠を全部飲み切ってしまい、アメリカからのメラトニンが届くまでと、残っていたヴァレリアンを飲んでみたら、何やら今度は少し効き目を感じました。という訳で、睡眠導入剤としては、その効き目は薬とはレベルが違う穏やかなものですが、やはりどちらも僅かながら、ちゃんと効き目があると感じました。

 ちなみにこれらのサプリの味ですが、メラトニンは極僅かに甘みがあり、グリシンは砂糖に準じた甘味があります。問題はヴァレリアンですが、カプセル錠でもかなり臭いまして、まるで猫の糞の臭いを薄めたような・・・それでいて薬草のようでもある、そんな臭いがします。飲んでしまえば気になりませんけどね。

 それにしてもiHerbには多くのサプリがそろっていて、簡単に注文が出来て、今回は到着予定期日通りに到着しましたから、次回以降も、その他のサプリも含めて注文して行くつもりです。
171201supplement1.jpg
★本日、アメリカのiHerbから届いた定評あるNow Foods社のメラトニン2瓶とグリシンパウダーです。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング



WHAT'S NEW?