ナイフラックの取り付け

 31, 2017 15:21
 IKEAでマグネット ナイフ ラックを買ったのは、もう1年ぐらい前のような気がします。
今まで、何度か取り付けようかと考えましたが、何かイマイチ ピンと来ないので、ずっと物入れの中に放置したままにしていたのですが、いろいろ考えた挙句、昨日取り付け用のビスを買って来て、取り付けました。

 いえ、何を悩んだのかというと、取り付け方法がビス止めなのですが、普通に考えて取り付けるならここかなと思う場所は、タイル張りの壁でして、ビス止めをするには、下穴を開けるために振動ドリルでしょうか、そんな電動工具を買ってまで包丁の収納するのはバカバカしいし、何よりキッチンの壁面に包丁類が並んでくっついているのって、ガチャガチャして、そんなに見た目の良いものじゃないし、何だか危ない感じもするわけです。
そこで、キッチンの収納棚の内側ならビスを食い込ませる土台は木の扉で、電動ドリルでなくて錐(キリ)で下穴が開けられます。そのうえ、危ない包丁も普段は見えませんし、キッチンの壁もすっきりしたままに保てると考えました。

 取り付けは書くまでもなく極めて簡単で、使ってみても問題なし。使う度に収納棚の扉を開けますが、これまでも一番よく使う包丁は棚の中に置いていましたから、全然問題ありません。
ただ、このラックはステンレス製らしく、いつも使っている包丁はステンレス鋼です。毎回使用の後はしっかりペーパータオルで水気を拭いて収納していましたが、もし、水気が残っているとステンレスとステンレス鋼の間にサビが発生する可能性があります。万一のために透明な粘着テープをマグネットラックの磁気面に被せ、そこに包丁を張り付けるようにしました。こうすればまずサビが発生することはないはずです。
 なお、磁気によって包丁を張り付けるのって、落下の危険性はないのかという心配もありますが、このナイフラックのマグネットはかなり強力で、しかも私の使っている包丁はすべて小さいものばかりなので、なお更問題ありません。

 今回の作業で、気になったのはビス(木ネジ)のための下穴開け作業ですけど、昔日本から移住してきたときに持ってきた錐(キリ)の先が、これまでの何度かの使用によって、すっかり先端の刃が丸くなっていて作業効率が悪かったです。
極たまにしか使わない道具ですし、電動工具を買ってもガレージに仕舞いっぱなしになるわけですから、今の錐(キリ)に代わるハンドドリルみたいなものでよいので買っておこうかと思いました。ただ、日本じゃ売っていましたけど、パースのホームセンターには電動ドリルしか無かったような。まあ、探してみようと思います。
170531knife rack 1
★これまでは、メインで使うペティナイフはいつも棚の中に収納していまして、皮むきのような小型のものだけ写真のように収納していました、しかし、時々横のスプーンなどに手をやるときに注意しないと危ないかなとは思っていました。
170531knife rack 2
★当初は赤楕円の位置に取り付けようかと思いましたが、本文に書いた通り見た目が良くないことと、タイルへの穴開けという問題がありました。そして結局、青楕円部分の扉の内側にマグネットラックを取り付けることで、目に見えない位置に収納出来て、しかもタイルへの穴開けを回避できました。
170531knife rack 3
★この様に戸棚の扉の裏側にマグネットラックを取り付けました。取り付けは2本の木ネジです。
170531knife rack 4
★ラックに張り付けた包丁ですが、普段は一番奥の長いナイフは滅多に使うことが無く、もっぱら調理には手前から2番目のペティー、それ以外は用途に応じてたまに使う程度です。これ以外にも鋼の包丁なども持っていますが仕舞ったままです。普段使いは何といってもステンレス包丁が手軽でよいです。ステンレスでもキチンと砥げば凄く切れますから。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング






タコの柔らか煮

 20, 2017 14:28
 数日前に僅 300gですが小さなタコを釣りました。実際はイカを釣ろうとしてエギを投げ込んだら、上がって来たのがタコだったってわけで、私の個人的な経験からいうとエギで釣れるタコは、まだ小さいタコであることが多いように思います。近年、タコは滅多に釣れなくなっていたので、やっていませんでしたが、そういえばそろそろ大型のタコが上がる時期のように思います。この冬に向けて久しぶりにトライしてみようかと思っています。

 さて今回のタコですが、柔らか煮にしてみました。
かつて釣れた際に、何度か挑戦したのですが、毎回、とっても硬いタコ料理となってしまい、タコを柔らかく煮るって簡単なことじゃないと思っていました。しかし、今回はとうとう成功いたしました。

 まず、これまでは釣ったら水でよく洗って、直ぐに調理していました。しかし、炭酸水なども試しましたが、全然効果が感じられませんでした。
 今回は直ぐに調理ではなく、釣って来たタコは、洗いもしないでビニール袋に入れて冷凍庫に1週間ぐらい放置しました。
解凍したあと、塩でもんで洗うのではなく、コーンスターチをまぶして洗いました。なんでも塩でもむと身が固くなるというページを見たものでしたから、今回はそうしてみました。
次にビニール袋に入れて、ワインの空き瓶でゴンゴンと気が済むまで叩き、その後、醤油、お酒、ミリン、砂糖で味付けした調味液に入れ、弱火でじっくり2時間近く煮ました。170520tako1.jpg
★ビニール袋に入れたタコをビンで叩きました。右上に見えているのは叩くのに使ったワインの空き瓶です。

 出来上がりは、とても柔らかいタコの煮物が出来上がりました。
今回と以前のチャレンジの違いは即冷凍したこと、それとビンで叩いたことの2点が大きなポイントじゃないかと思っています。
出来ればもう数回やって味付けの完成度を、もっと上げたい気がします。
今回、タコを煮てみて気が付いたのですが、煮ていくとタコから水分が出て来て、煮汁が薄くなってしまうことが分かりました、次回以降、濃い目で少なめの煮汁を基本にした方が良いと思いました。
170520tako2.jpg
★煮る前はこの写真のように調味液は落し蓋の下でしたが、しばらく煮ていると煮汁は落し蓋の上にあがってきます。タコの身も水分が抜けて小さくなることもあって、落し蓋の上にたっぷりの煮汁が上がってきますので調味液は濃い目で、少なめにすると良いと思いました。
170520tako3.jpg
★出来上がりです、この段階で若干お味が薄目に上がりましたので、翌朝もう一度煮詰め、味を濃くして、より満足な仕上がりとなりました。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング








AZTEC FRUIT(White Sapote)

 10, 2017 18:27
 先日近所のGILBERTSというベジショップでAZTEC FRUITという果物を売っていまして、見た目はあまり美味しそうには見えないし聞いたこともない名前なので、試しに2つだけ買ってみました。
帰宅後、ネット検索して、これがホワイトサポテのことだということが分かりました。勿論食べたことはないのですが、かなり美味しい果物であり、食べる前に追熟が必要ということも分かりました。3日ほどしてまたその店に行ったら、値段が安くなり実のサイズが大きくなったものが売られていまして、さらに3つ買い足してみました。

 1週間ほどしてやっと1つが皮にしわが寄り、柔らかくなって来ましたので食べてみました。
実の中央に大きな種があるということなので、アボカド同様にナイフを入れ、左右の実をひねって2つに割り、種を取り出して、柔らかい実をスプーンですくって食べました。
170510WSapote1.jpg
★これがAZTEC FRUIT(White Sapote)の外観です、初めて見る外観ですが、何か桃というか、アーモンドの実を巨大にしたような感じもしないではありません。大きさは大きいもので握りこぶしぐらいです。右端の1つは若干この時点で黄ばんでいるのが分かりますように、最初に熟したので味見いたしました。
170510WSapote2.jpg
★カットすると中央に大きな種があります。それにしても世界にはまだまだ知らない果物が沢山あるものですね。

 写真で分かるように身の色はクリーミーホワイトといったところで、一口食べて、アレ!この味、以前に食べたことがあると思いました。見た目同様、食感はクリーミーですが酸味は無く、甘味もそこそこという感じでした。
う~~ん、何だろう?僅かに感じられる苦み?・・・・・・・そうだこれってパパイアだ? と、思いました。

 ところがネットで調べたら、ホワイトサポテを食べた人の感想にパパイアをあげた例がなく、私だけがそう思ったってところです。
まあ、まだ一つ食べただけですし、それにこういう果物は収穫のタイミングによっても甘味が乗らないこともありますから、これが絶対の評価とはいえないですね。
残りの4つは、まだまだ食べごろまでは数日を要する感じです。

 同じ日に、我が家の多分これが今年最後のイチジクの実を収穫して食べましたが、甘味、美味しさとも余程イチジクの方が美味しいです。このイチジクは今年購入したホワイト・アドリアチックの苗木に着ていた実で、皮の色は緑で中の色は赤い色でしたが、糖度を計ると22.7度あり、風味はイチゴにも似た風味があるのに驚きました。ホワイト・アドリアチックは全部で3本あるのですが、同じアドリアティックのはずですが、風味も果肉の色も違っていて、一体どれが本当のアドリアティックなのか、イチジクの品種って結構宛てにならない所があるようです。

 まあ、AZTEC FRUIT(White Sapote)は話題提供程度で、たまに買うくらいでよいかなって思っています。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

リール水没の影響

 07, 2017 19:41
 先月末のことですが、とうとうリールを海中にザブ~~ンとやってしまいました。
ロクに魚が釣れないにも拘わらず、くだらない失敗だけは普通にやっているので(最近、立て続けに2回も海鳥を釣ってしまいました)、サッパリあがらない釣果を思うと、もう何か意地で釣りを続けているような、そんな感じも致します。
 
 その時の釣り場は大きなゴロタ石を積み上げた防波堤の下の方でして、石積みの足場は不安定なうえに、当然後ろには傾斜した石積みが上まで続いています。
その時は2本ロッドを用意していまして、使わない方のロッドを後ろの方に立てかけておいたのです。
それでゴツイ方のロッドを振りかぶって、エイヤと投げたら、後ろに置いてあったロッドにラインが絡んで、ピュ~~と飛んで、海の中のボチャ~~ンと。ギェ~~~~~ッ!!!@@;)
一瞬、どうしようかと思いましたが、絡んだラインがそのままでしたから、手に持ったロッドのリールを静かに巻き上げて、うまく回収できました。しかし、危なかったです。

 このロッドは最近買ったばかりで、取り付けたリールも比較的最近買ったもので、まだまだロッドもリールもピカピカですから、回収出来なかったら、思いっきり凹んでいたと思います。
水中に没した時間は、そんな訳で恐らく10秒くらいじゃなかったでしょうか。
だから、大したことはないだろうと、いつものように帰宅後はリールに水をかけて陰干しにして、そのままにしていました。

 ところが4日後、そのリールを使おうとしたら、最初リールの回転が異常に重くて、無理して回すと何かゴリゴリとした感じで、シマノリールのスムーズな回転が消滅していました。ガーン ! (x_x;)
それでも使っていれば元に戻るかもと使い続けまして、また数日後、そのリールを使ったら、また動きが悪くなっていました。これはやはり中に塩が入ってしまった影響だし、このままでは内部にサビが生じる可能性がありますので、思い切って分解掃除をすることにいたしました。

 かつて、安物でしたけど、やはり使い込んだリールのベール部分が動作不良を起こすようになってしまい、ベールの根元を分解しようとしたら、ビヨ~~ンとすごい勢いでスプリングが飛んで行ってしまい、そのスプリングが内部にどのように収まっていたのかも分からなくなり、オシャカにしたことがありましたから、出来れば分解作業はやりたくなかったのですが、今回の問題個所は回転機構部分なので、ベール部分は外からの洗浄だけにして分解はしないことにしました。

 スプールを外し、ローターを外したところで、これは逆回転防止機構の部分でしょうか、それともドラッグ機構部分かよくは分からないのですが、写真の所に塩の結晶粒が沢山ついていまして、これを濡らしたブラシとスポンジで丁寧に取り除きました。この時点でハンドルを仮に差し込んで回転させてみると、全くスムーズの回転することが分かりましたので、ギヤケース内には塩水が入らなかったか、影響が出るほどじゃなかったことが分かりました。
しかし、念のためにギヤケースの中もサイドプレートを外して内部を確認しましたけど、この中には塩の結晶は全く入っていなくて、リールもまだ新しいので内部グリースも綺麗だし、しっかり付いていることも確認しました。170507reel.jpg
★この歯車上の部分に沢山の塩の結晶が付いていまして、この外側部分に当たるローターの内側にも塩が沢山ついていました。回転がゴリゴリしていたのでギヤケース内かと思いましたが、この部分の塩を洗い落とすだけで、今回はスムーズな回転が戻りました。


 外周に関してもネジ頭の周囲の隙間などはアルコールで拭き、その後リールオイルは持っていなかったので、電動バリカン付属のオイルをベアリング部分等に差しておきました。

 元通りに組み上げてみたら、回転はすっかり、スムーズに回るように戻り、一安心でした。
今回、初めてちょっとした分解クリーニング作業をやってみて、回転機構部分に関しては、案外簡単なものと分かりました。近いうちにリールオイルと専用のグリースを買い置くようにするつもりです。

 それにしても、キャスティングの際の後ろには、かなりの範囲で仕掛けが及ぶことが分かり、改めて本当に危険なものだと思いました。投げ釣りをしている人の後ろに近寄るようなことは、しないようにしましょう。もとより釣り人は投げる前に都度、絶対後ろを確認しなければなりません。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

雨のバッセルトン

 02, 2017 16:26
 一昨日の日曜日にバッセルトンに行ってきました、ちょっと観光で行きたいという人達がいたので、私の車で運んであげたのですが、私はその間Jettyに行って一人、釣りを楽しもうという計画でした。

 私の小さな車に私も含め4人乗車だったので、長いロッドが積めず、イカかサヨリでも釣れれば、というつもりで行きました。出発は朝の6時半で、ちょうど日の出時刻の少し前ですが、もう空はかなり明るくなってきていました。
一応、お天気も事前に見ていたのですがバンブリー通過時点で雨雲に覆われはじめ、雨も降って来ました。満車状態ということもあって途中休憩も挟みながら走ったものですから到着は9時半ごろとなり、トイレに行ったり軽く朝食を取ったりしたら、Jettyに入る時点でもう10時直前になってしまいました。まあ、仕方ありません、今回は釣りメインではなく同行者たちの観光メインで、私の釣りはついででしたから。

 Jetty前の駐車場で同行者達とは別れて、私だけJettyへ入りましたが、直後雨がパラパラと・・・・。
着ていたウインドブレーカーは防水だったので、それほどのことはなかったのですが、ズボンはそうじゃなかったので、しばし2ヵ所ある屋根の付いたベンチで雨が通り過ぎるのを待ちました。
今回のお天気は、頻繁に雨雲の塊が流れて来て、その度に雨宿りしなければなりませんでしたし、風向きもJettyに沿って強く吹いていたものですから、常に横風となり、雨が上がっても釣りをするにはハッキリ言って外れの日でした。

 今回は最初から15Lb(0.8号)ブレイドラインのエギングロッドですから、イカは時間的なものと雨もあって可能性が低すぎるので、サヨリの仕掛けを投げ込んでもみましたが、サヨリはいたら目で見えますけど、一昨日はまったく見ることが出来ませんし、釣れている人もいませんでした。仕方ないので、これまた可能性はないと思いましたが、ルアーを何度も投げ込んではみま。しかし、やはりまったく手応えなし。
しかし、Jettyの下を見ると水中には何か小魚の影が見えます。何時も用意があるキスの仕掛けを落としてみたら、盛んに餌をつつく手応えがあり、合わせを入れると釣れるのは小さなカワハギです。

 釣って、よく見たら日本のカワハギとは、ちょっと色や形が違いますけど、これがとにかく簡単に釣れます。ただ気になるのはカワハギに関してのルールが気になり、持ち帰って良いのかが分かりませんでした。近くにいた常連らしき人に釣ったカワハギを見せて聞いたら、大丈夫と言うことで、しかもデリシャスだそうです。確かに日本でもカワハギは美味しい魚と聞いていますし、かつて日本に居たときに、時々スーパーでカワハギのパックを購入した記憶があります。
美味しく食べられるのは分かりましたけど、この時期にJettyの下にいるカワハギはかなり小さく、何もないよりはマシかと、遊び程度に少しだけ釣って持ち帰りました。

 それ以外には、Jettyの陸地に近い方の砂地へ投げ込むと、以前にも釣ったことがありますが、やはりキングジョージ・ホワイティングとシーブリームが釣れました。しかし、どちらも規定サイズを超える大きさではなく、リリースするしかなかったです。

 まあ、そんなわけで今回のバッセルトンはイマイチでしたけど、やっぱりここはフリーマントル周辺とは違って、条件が整えばはるかに釣れる釣り場だろうなと改めて感じました。もう少し近ければ頻繁に来たい所なのですが、如何せん遠いです。
170502Busslton1.jpg
★今まで来たバッセルトンの中で一番お天気の悪い日に来てしまいました。写真では青空が見えていますが、肉眼ではもっとずっと曇った印象で、遠く海の向こうでは、あちこちで雨が集中して降っているのが見えました。
170502Busselton2.jpg
★沖の方は青空が見えますが、頭上には雨雲が覆いかぶさり、実はこの時点で既に雨が落ちていました。ガッカリです。
170502Busslton3.jpg
★スマホでトランプゲームをやりながら、雨雲が通り過ぎるのをひたすら待ちます。この間ほとんどの釣り人は帰ってしまいましたし、自分もちょっと諦めようかとも考えましたが、折角フリーマントルから来たので少し粘りました。
170502Busselton4.jpg
★雨が小降りになったところで釣りを再開しましたが、なぁ~~~にも釣れません。仕方なく超小魚なら相手をしてくれそうなので、Jetty足元に仕掛けをおろしたら、何か菱形の変な魚が釣れました。
170502Busselton5.jpg
★同じカワハギの仲間ですが、この1匹だけは見た目が若干違います。皮の表面のザラザラもキメが細かく、身の色も違っていました。
170502Busselton6.jpg
★これが日本のカワハギです、似てはいますが同じじゃないですね。
170502Busselton7.jpg
★帰宅後、捌いてみましたが、この魚は捌くのがとっても簡単で、しかもカワハギというくらいで、キレイに手で皮が剝がせます。今回は初めての魚なので、お刺身ではなく煮付けとムニエルにしてみました。どちらも美味しかったですけど、やっぱり肝あえにしてお刺身にすべきだったかな。これから冬にかけて多分もっと大きくなってくるのじゃないかと思うので、また行って釣ってみたいです。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング




 

WHAT'S NEW?