釣り糸のヨリを取る方法

 13, 2017 12:38
 8月もほぼ半ば近くになって、何だか少し暖かくなってきたように思えます。隣家のアーモンドが3分咲きくらいになっていて、我が家の小さな桃の木にも幾つかのピンクの花が咲いています。
本来、今日も天気予報では雷雨となっていたのですが、雨は夜中に降ったようで、今は写真のとおり、なかなかよいお天気となり、早速シーツなど洗って干しています。とは言え、いきなり黒い雲が来てザーッと大粒の雨を降らすことがあるので、油断できません。
170813Twist4.jpg
★毎年のことですが、この隣家のアーモンド開花が、春の訪れを知らせる桜に似ていて、日本の春を思い出させてくれます。

 さて、また釣りのお話ですが、2カ月ほど前にカワハギを釣って以降、禄に魚を釣っていませんが、先日、僅かな晴れ間を見て、バンデッドでも釣れないかとやってみた時、ラインのヨレによる絡みが生じました。
実はこの釣りは浮きを使ってほとんど足元近くに、ひょいと投げ込むだけで、底物を狙う胴付き仕掛け(錘が先端についている)と違って、ほとんどラインにテンションが掛かりません。浮きが水面にポチャリと落ちると、その後に続くラインは、いわゆる糸フケ状態となりまして、このフケを取ろうとリールを巻くと浮きが近づいて来てしまいますので、フケたまま、すなわちほとんどゼロテンション状態で釣りをしているわけです。

 このようなラインの使い方が原因でラインにヨリが入ってしまいました。ちなみにラインはブレイドラインを使っていますが、ダイニーマ100%の良いものではなく、昔に使っていた安物ブレイドラインで、本来のブレイドラインより同じ強度同士で比較して、明らかに一回り太いです。また使っているリールもこれまた廉価品でして、浮き釣りはライン負荷がほとんどないので、こんなもので十分と判断して、お古を使いまわしたのですが、これもヨレを助長したようです。

 そこで、このヨリを取りたいと思いまして、小さなバレルシンカーに薄い金属板で作った羽を取り付け、それをキャストしてリーリングすることでヨリを取ることにしました。回転方向はリールのラインを巻き込む方向と同じ、ライン先端から見て時計回りになるように羽を曲げて使ってみました。しかし、やってみて気が付きましたが、そんな単純な方法ではダメと分かりました。

 投げて巻き戻してくる時に足元近くまで来たヨリ取り器を見ると、かなりの回転数でして、思いっきり逆回転のヨリがライン先端近くに入ってしまいます。これは羽の角度をもっと弱くしてヨリ取り器の回転数を落とせばよいかというと、そんな問題以前に、ラインの先端近くとロッドの近くのラインとでは、このヨリ取り器の回転は均一に効果を及ぼせないと理解しました。
例えば30m投げたとします、そして巻き上げ始めるわけですが、ロッドの近くのラインは直ぐにリールに巻き込まれてしまうわけですが、ラインの先端は30mの距離を回転するヨリ取り器と共に巻き取られる訳です。その上ナイロンなどに比べてはるかに腰のないブレイドラインは30m近く先端で回っている回転は、ロッド近くのラインにはほとんどその回転は伝わって来ていない訳です。結果、ラインの先端近くだけがヨリを戻し過ぎた状態になってしまい、ロッドを上にあげて、先端のヨリ取り器を付けたラインを垂直に垂らしてみると、ヨリ取り器は勢いよく逆ヨレを解消する方向に回り始めてしまいます。
これを見て、この方法には大きな欠陥があると思いました。
170813Twist1.jpg
シンカーにアイと金属羽を取り付け、ライン先端に取り付けて、このヨリ取り器の回転でレインのヨリを取ろうとしました・・・・・が!

 結局、地道で確実な別の方法でヨリを取ることにしました。今回ヨリが入ったのは浮き釣り用のラインでして、これはそんなに距離は投げません。せいぜい10mほどで、風で流された場合を考えても15mほどしかラインを使っていないと思います。そのライン根元近くに特に絡みが発生するわけですから、床などにそのラインを余裕を見て20m出し、それをリール側から、両手を広げてラインを持ちます、要するに両手の間のワンスパンずつ、ヨリを取っていくわけです。ラインにヨリが入っているところは両手でつまんだ1mほどのラインをU字型に垂らし、両手を近づけると、ヨリが入っていると、その2本のラインが絡みつきます。絡みついたら、ライン先端側をつまんだ指で、絡みが解ける方向に捩じってやります。それで素直なU字型にラインが垂れればこのワンスパンの中のラインはヨレが解消されたわけです。続いてリール側のラインをつまんだ手を放し、先端側をつまんでいた部分に持ち替え、先端側をつまんでいた手は次のヨレの入っているワンスパンを持ちます、この時、2度3度、指先でスーっと軽くしごいてやるだけでヨレは先端側に移動します。そしてまた両手でつまんでU字型にラインを垂らし、ライン先端側をつまんだ指でヨレが解消する方向に捩じってやり、これをラインの先端まで繰り返してやります。
170813Twist2.jpg
★左がリール側、右がライン先端側で、その両側を持って間のラインをU字型に近づけて垂らすと、この写真のようにヨリが入っていれば、自然に絡みつきます。

170813Twist3.jpg
★絡みついたラインのライン先端側をつまんだ指で捩って絡みを解けば、このように素直なU字型にラインは垂れ、ヨリは取れたことになります。そして右側のライン先端側には送り出されたヨリが目に見て分かるように溜まっていきます。これを先端まで送り出すことで、ライン全体のヨリを解消します。

 最後に床に広がったラインをリールに巻き上げるのですが、ヨリのとれたラインは実に素直に巻き込まれて行きます。ちょっとだけ、手間がかかりますが、思ったほど時間はかかりませんし、これで確実にヨリは解消できます。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング



別種カワハギと鈎

 22, 2017 13:09
 前回のブログに書いたカワハギですが、フックはカワハギの顎の下に引っかかって釣れたという、所謂“スレ”掛かりと言うやつで、その口にフックが掛かったわけではありませんでした。

 やはりこれからもカワハギを狙うなら、口にフックをかけられるようにならないと考え、手持ちのフックの中から最小のものを選び、2本バリの仕掛けを作りました。前回にも書きましたように胴突き仕掛けではなく、釣り場環境から浮き仕掛けのものです。
 早速、作った翌日に行って試してみたところ、見事にまたカワハギが、しかも今度はきちんと、カワハギに小さな口にフックさせることが出来ました。

ただ、このカワハギ、前回釣ったカワハギとは見た目がかなり違いました。
170622kawahagi1.jpg
★今回釣ったカワハギです、全長は27cmより少しありましたが、これは前回のカワハギよりも尾びれが長い分だけで胴長自体はほとんど変わらない大きさと思います。
170622kawahagi4.jpg
★左が前回のカワハギで、右は今回のカワハギです。明らかに種類が違います。形状・体色、模様が違い、実際に捌くときに皮の表面が荒いサンドペーパーのようで、皮をつまむ指が痛かったほどです。そして釣ってしばらくしても今回のものは体表面の色が変わって来ませんでした。
170622kawahagi3.jpg
★肝は今回のものの方が大きく、味はより美味しく感じましたが、身の方は前回のものの方が、若干良かったように思います。僅差で、どちらも非常に美味しくいただけました。

 さて、カワハギという魚はこちらでは、日本ほど注目をされていない魚の様子で、多くの釣り人はより大きくて釣り応えのあるマロウェイ(オオニベ)やピンクスナッパー(マダイ)などに集中しているのではないでしょうか。と言うのも、カワハギを釣るための小さなフックを釣具屋さんで見つけることが出来ませんでした。今回使った手持ちのフックはおよそ10年ぐらい前にフリーマントル市内に有った小さな釣具屋さんで購入したもので、今このフックと同じサイズのフックを探しに行きましたが、5軒回りましたが一切ありませんでした。

 日本ではカワハギ釣りは人気がありますので、日本のサイトからカワハギ鈎を取り寄せることも出来ますが、ベラやフグによってフックを飲み込まれたりハリスを切られることも多発することが考えられ、出来ればこちらで安定的に購入できることが望ましい訳です。
 実店舗に無い場合でも、ebayには有るのではと確認したところ、見つけました。どうやらNo.12が今回の手持ちのフックの大きさのようで、近いうちに注文しようと思います。170622kawahagi2.jpg
★右端は普段キス釣りに使っているフックでサイズNo.4でバンデッドスィープにもこのサイズを使っています。左端のハリス付きの極小のフックは、かつて日本から来た方から、いただいたカワハギ鈎(形から狐鈎と思います)で、これまで使い道が無かったために、ただ保管していたものです。それを参考に選んだのが、その右隣の環付きの小さななフックが今回のカワハギを釣ったフックで、大きさからNo.12のようです。その右隣は以前日本から購入した、がまかつ社の7号サイズの秋田狐鈎です。

 という訳で、すでにキスはシーズンが終わりましたが、今はこのカワハギを釣ることが出来ることが分かり、力を入れるつもりですが、あまり数は期待出来ない予感がします。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング



カワハギが釣れました

 17, 2017 15:11
 前回書いたように最近では根魚釣りに嵌まっています。よく行く釣り場は石積みの防波堤でして、足元の水中には当然大きな石が沢山あり、当然そこには藻が沢山生えています。その先は砂地となっているわけですが、魚の多くはこの石が積み上げられた部分に潜んで、あるいはその近くを遊泳しているようです。

 そこによくいるのがラス(ベラ)やバッデッドスイープなのですが、たまにカワハギや何かコッド(ハタ科の魚)らしき魚影も見たように思います。
私が最近よく行くスポットで、何度かカワハギを確認していまして、ラスやバンデッドも美味しい魚ではありますが、如何にもマイナーなイメージ。そこへ来るとフグ目のカワハギでしたら、誰もが美味しい魚と認めるのではないでしょうか。

 ネットで調べてみたら、日本ではカワハギはほとんど胴突き仕掛けで釣っているようですが、今日釣れたカワハギは浮き仕掛けで釣りました。実は正確には釣ったというより、鈎に引っ掛けたというのが正しくて、浮きが沈んだ時に合わせを入れて、釣りあげてみたら、鈎は口ではなく下あごに刺さっていました。
カワハギに口は小さく、この口に掛けるのは相当小さな釣り鈎でなければならないでしょう。その場合、他の魚が食いついた場合は鈎を飲み込まれる可能性が高く、特に食いしん坊なフグやラスなどは、よりその可能性が高くなってしまいます。その場合苦労して鈎を取り戻してもハリスが傷だらけになり使い物にならなくなってしまいます。

 カワハギって、こちらでは Leather jacket って言うくらいで皮が厚くて、この皮によく鈎先が引っかかります。先月バッセルトンで釣ったカワハギも半分以上は合わせを入れた瞬間、鈎先がカワハギの体に引っかかって釣れたのが実情です。
今後もカワハギは釣り続けたいので、鈎をカワハギに合わせるか、それとも他の魚のことも考え大きな鈎で引っ掛けて釣るか、いろいろ実験してみたいと思います。

 しかし、この石積みと言うか人口の岩場での釣りには、仕掛けが底に触れない程度にコントロール出来る、浮き釣りの方が良さそうで、これまでほとんどやってこなかった浮き釣りなのですが、やってみるとこれがなかなか面白いです。ターゲットは足下ですから飛距離は必要ありませんが、浮き下を取るためにはロッドは長い方が良いですね。
お天気の良い日中、プカプカ浮かぶ浮きを眺めながらの釣りはのんびりした気分になり、なかなか良いものです。170617chouka1.jpg
★昨日の釣果ですが、上がバンデッドスィープで28.5cm、下がカワハギで26.5cmでした。今回釣ったこのカワハギは先月バッセルトンで釣ったカワハギと違って、形が日本のカワハギとほぼ同じじゃないでしょうか。ただ、色や模様が少し違うような気も致します。バンデッドの口には釣り鈎がまだ刺さったままで、口が硬く現場で鈎が抜けなくて、捌く前にやっとプライヤーで外しました。なお、バンデッドはこの時点でまだバタバタ暴れる状態で、この直後〆ました。南無
170617chouka2.jpg
★釣ってみて気が付いたのですが、カワハギは釣りたての時は白っぽく、青い筋が見えていましたが、時間が経つにつれて白っぽい肌に黄色い斑点となり、さらに時間が経つと濃い茶色に変色してきます。
170617chouka3.jpg
★昨夜は、お刺身を肝醤油でいただいてみました。上がカワハギの身で、下は少しだけバンデッドも、お刺身にしてみました。カワハギは日本に居た当時はスーパーで皮をはいだ状態で売っていたパックのものしか買ったことが無かったので、今回、初めて刺身で食べました。独特の弾力を感じ、肝も全くクセが無く、これはもう今後の釣りたい魚No.1になってしまいました。今晩は残りを煮付けとムニエルにしてみるつもりです。なお、左の小皿に有るのはもちろんカワハギの肝です。

■18:30追記
夕食に煮つけにしてみたら、身がしまって、もう絶品でした。個人的に煮魚ってそれ程好きでもなかったのですが、カワハギの煮魚は本当に美味しいですね。

 

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング



根魚が美味しい

 10, 2017 15:01
 6月になり季節は冬なのですが、今朝のリビングの気温は17.5度で湿度は43%でした、天候はうす曇り。そこで温湿度計を裏庭に出してみたところ、気温は16.5度となり湿度は31%。
6月は北半球なら12月ですが我が家では、まだ一切、暖房器具は使っていません。今年は少し今の所例年より暖かいかもしれません。雨もまだそれほどでもなく、降っても夜であることが多く、日中はよく日が出て寒いって感じはないですね。170610rockfish6.jpg
★朝の9:48分、外に出してみた温湿度計です。まだまだ冬としては暖かいのですが、この湿度の低さは気温の割には寒く感じさせる要因になるのかもしれません。

 そんな中、釣りですが流石にキスは釣れなくなってきた様子で、最近は砂地に投げても無反応なことが多いです。そこで藻の多いところや足元近くの根に仕掛けを入れると根魚が釣れることは釣れますが、フグと根掛かりでうんざりします。
これは相変わらずの投げ仕掛けで挑むからで、沈んだ錘や大きめのフックが実によく根に引っかかって、仕掛けの消耗が半端ないわけです。

 時間帯に寄りますが日差しの強い真昼間はそんな根にも魚の影が見えないことが多いのですが、朝夕に近い時間帯でしたら、サングラスをしてじっくり見ていると、結構いろいろな魚がこの足元の根やその近くを泳いでいるのが見えます。
魚にもよりますけど比較的マイナーな小魚は藻場や根回りがお好きなようです。
そこで、ちょっとこの根魚を釣って見たくなりました。

 方法としては根掛かりを少しでも回避するために“浮き”を使ってみることにしました。足元近くですから結構水中も見えまして、根に当たらない程度に浮き下を調整すれば、この根回りにいる魚を釣ることが出来るのじゃないかと考えたのです。
さてこの根回りにいる魚ですが、これまで観察したところラス(ベラの一種)、バンデッドスイープ、カワハギ、コッド(ハタの一種)でしょうか、それらしき魚も居ることが分かりました。実はこれらはとっても美味しい魚です。

 これまで投げ釣りばかりやっていましたので、適合するロッドが無くて今はとてもやり難いのですが、古い9ft(約2.7m)の重いロッドに遊動浮き仕掛けをセットして、比較的簡単にラスとバンデッドは釣ることが出来ます。しかし、岩場にいるカワハギは浮き仕掛けの吊り下げられただけの餌には見向きもしない様子で、釣ることが出来ません。
 先月バッセルトンで釣ったカワハギはJettyの下に胴突き仕掛けを落とすと直ぐに餌に寄ってたかってくる様子で、そこで合わせを入れるだけで簡単に釣れましたが、岩の合間を泳ぎ回っているカワハギに同じやり方での釣りは、あっという間に根掛かりするだけで、同じ釣り方は出来ません。この辺、何か工夫がないと難しく、残念ながら今のところ1匹も釣れていません。

 とは言え、簡単に釣れるラスとバンデッドですが、お刺身でも、バター焼きでも、白身の癖のない魚でして、冬の間の釣りはこれに決まりって感じです。

170610rockfishe1.jpg
★一昨日釣ったラスとバンデッドです、バンデッドで長さ28cmでした。小さいですがキスやサヨリより引きはずっと強く、楽しめます。根魚は日本同様見た目がイマイチですが、食べると美味しいのですよ。
170610rockfish2.jpg
★左はこの冬最初に釣ったラス(多分ですがブラウンスポッテドラスじゃないかと思います)とバンデッドで、この時はまだ投げ仕掛けのまま釣っていて釣り難かったですが右は場所も新しく開拓し、大きさも28cmとサイズアップしました。
170610rockfish3.jpg
★上がバッデッド、下がラスですが、どちらもクセが無くて、お刺身で美味しく頂けました。バンデッドはコリコリとした身質で、ラスは逆にきめ細かくネットリしていて、これまたとても美味。個人的には僅差でラスの方が美味しい気がしましたが、捌く際、ラスはヌルヌルしていてそこがちょっとイヤです。
170610rockfish4.jpg
★これはウエスタンキングラスで、釣れるのは足元より少し沖に投げて釣れることが多いですが、やはり根掛かり多発の藻の中にいる様子です。このラスは上のラスよりも皮近くに若干の臭みがありますが、皮を引いてフィレだけを食べればやはり美味しくいただけます。
170610rockfish5.jpg
★この魚はいろいろと調べたのですが魚種名が分かりませんでした。何かスズメダイを大きくしたような形なのですが、大きさは計り忘れたのですが25cm以上あると思います。やはりキングラス同様藻場でつったのですが、この魚だけは脂が臭くて美味しくなかったです。今後釣れた時は、即刻リリースする魚です。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング


リール水没の影響

 07, 2017 19:41
 先月末のことですが、とうとうリールを海中にザブ~~ンとやってしまいました。
ロクに魚が釣れないにも拘わらず、くだらない失敗だけは普通にやっているので(最近、立て続けに2回も海鳥を釣ってしまいました)、サッパリあがらない釣果を思うと、もう何か意地で釣りを続けているような、そんな感じも致します。
 
 その時の釣り場は大きなゴロタ石を積み上げた防波堤の下の方でして、石積みの足場は不安定なうえに、当然後ろには傾斜した石積みが上まで続いています。
その時は2本ロッドを用意していまして、使わない方のロッドを後ろの方に立てかけておいたのです。
それでゴツイ方のロッドを振りかぶって、エイヤと投げたら、後ろに置いてあったロッドにラインが絡んで、ピュ~~と飛んで、海の中のボチャ~~ンと。ギェ~~~~~ッ!!!@@;)
一瞬、どうしようかと思いましたが、絡んだラインがそのままでしたから、手に持ったロッドのリールを静かに巻き上げて、うまく回収できました。しかし、危なかったです。

 このロッドは最近買ったばかりで、取り付けたリールも比較的最近買ったもので、まだまだロッドもリールもピカピカですから、回収出来なかったら、思いっきり凹んでいたと思います。
水中に没した時間は、そんな訳で恐らく10秒くらいじゃなかったでしょうか。
だから、大したことはないだろうと、いつものように帰宅後はリールに水をかけて陰干しにして、そのままにしていました。

 ところが4日後、そのリールを使おうとしたら、最初リールの回転が異常に重くて、無理して回すと何かゴリゴリとした感じで、シマノリールのスムーズな回転が消滅していました。ガーン ! (x_x;)
それでも使っていれば元に戻るかもと使い続けまして、また数日後、そのリールを使ったら、また動きが悪くなっていました。これはやはり中に塩が入ってしまった影響だし、このままでは内部にサビが生じる可能性がありますので、思い切って分解掃除をすることにいたしました。

 かつて、安物でしたけど、やはり使い込んだリールのベール部分が動作不良を起こすようになってしまい、ベールの根元を分解しようとしたら、ビヨ~~ンとすごい勢いでスプリングが飛んで行ってしまい、そのスプリングが内部にどのように収まっていたのかも分からなくなり、オシャカにしたことがありましたから、出来れば分解作業はやりたくなかったのですが、今回の問題個所は回転機構部分なので、ベール部分は外からの洗浄だけにして分解はしないことにしました。

 スプールを外し、ローターを外したところで、これは逆回転防止機構の部分でしょうか、それともドラッグ機構部分かよくは分からないのですが、写真の所に塩の結晶粒が沢山ついていまして、これを濡らしたブラシとスポンジで丁寧に取り除きました。この時点でハンドルを仮に差し込んで回転させてみると、全くスムーズの回転することが分かりましたので、ギヤケース内には塩水が入らなかったか、影響が出るほどじゃなかったことが分かりました。
しかし、念のためにギヤケースの中もサイドプレートを外して内部を確認しましたけど、この中には塩の結晶は全く入っていなくて、リールもまだ新しいので内部グリースも綺麗だし、しっかり付いていることも確認しました。170507reel.jpg
★この歯車上の部分に沢山の塩の結晶が付いていまして、この外側部分に当たるローターの内側にも塩が沢山ついていました。回転がゴリゴリしていたのでギヤケース内かと思いましたが、この部分の塩を洗い落とすだけで、今回はスムーズな回転が戻りました。


 外周に関してもネジ頭の周囲の隙間などはアルコールで拭き、その後リールオイルは持っていなかったので、電動バリカン付属のオイルをベアリング部分等に差しておきました。

 元通りに組み上げてみたら、回転はすっかり、スムーズに回るように戻り、一安心でした。
今回、初めてちょっとした分解クリーニング作業をやってみて、回転機構部分に関しては、案外簡単なものと分かりました。近いうちにリールオイルと専用のグリースを買い置くようにするつもりです。

 それにしても、キャスティングの際の後ろには、かなりの範囲で仕掛けが及ぶことが分かり、改めて本当に危険なものだと思いました。投げ釣りをしている人の後ろに近寄るようなことは、しないようにしましょう。もとより釣り人は投げる前に都度、絶対後ろを確認しなければなりません。

ポチッと押してみてね~。(^^)♪
FC2ブログランキング

WHAT'S NEW?